§概要

Visualizer-evoは、Composer(TEMography Suite)もしくは(Stack 'N' Viz)で再構成したVolume(三次元データ)を観察するためのアプリケーションです。Volume Rendering、Multi Slice、IsoSurfaceといった基本的な三次元表示・観察方法に加え、三次元空間での測長・測角、動画の作成、Volume Segmentation、Volume間での演算、WebGLの出力といった高度な機能を備えています。また、シンプルで洗練されたインターフェースによって全ての操作が直感的に簡単に行える点で、一般の三次元可視化ソフトウェアと一線を画しています。

カラーマップ・透明度の調整
Segmentation

§特徴

  • マウスによるVolumeの操作(回転、移動、ズーム)
  • 思った通りの仕上げができるカラーマップ・透明度マップの調整機能
  • Volume Renderingでは、プロジェクション方法(MIP、ALPHA)が選択可能
  • 三次元カーネルを使ったフィルタにてVolumeの最適化が可能
  • X、Y、Zの各面に加え、任意角度・位置でのSlice表示が可能
  • 三次元測長・測角では、測定結果のファイル出力が可能
  • 全てのオペレーション結果を記録可能なムービー作成・編集機能
  • ポリゴンデータの作成と、3Dプリンタ(STL)、WebGL等での出力
  • 複雑な形状も簡単に切り出すこのとのできるVolume Segmentation機能
  • 10セットまでのVolumeを同時に表示可能
  • 各Volumeごとに見かけの大きさ、スケール、オフセット、回転角度を設定可能

§再構成結果の利用

一般の三次元可視化ソフトウェアは可視化した結果を配布、利用する方法として、Snapshot(静止画)やMovieファイル(動画)の作成機能を備えます。Visualizer-evoは、インタラクティブな観察や他のアプリケーションとの連携のため、これらの機能に加え以下の形式での出力が可能です。

  • WebGL
    IsoSurface機能を使って抽出した三次元形状をWebGL形式で保存します。WebGLはChromeなどのWebブラウザでインタラクティブに観察できます。
  • STL
    3Dプリンタ、CADソフトウエア、解析ソフトウエア、レンダリングソフトウエアでサポートされているSTLによる出力が可能です。
  • 可視化情報を含むプロジェクトファイル(.vprj)
    弊社開発の専用アプリケーションTin Three を使えば、ご自身のPC(Windows, MaxOSX)上でVisualizer-evo本体と同クオリティのVolume RenderingやSlice観察が実現できます。Tin Threeは、弊社HPより無料でダウンロードして頂くことができ、再配布も自由に行えますので再構成結果の配布にも有効です。
Tin Three操作画面(Windows版)
Tin Three操作画面(Mac OSX)

§仕様

<Visualizer-evo>

グラフィックカードOpenGL2.1、Quadro P、RTXシリーズ、Geforce RTX
メインメモリ4GB RAM以上推奨
カラーモニタ1280x1024以上の解像度モニタを推奨
読み込み対応フォーマットBIN(Composer、Stackerの出力ファイル)、RECおよびMRC
OSWindows10 64bitのみ対応

<Tin Three>

グラフィックカードOpenGL2.1以上対応必須(NVIDIA社グラフィック推奨)
メインメモリ4GB RAM以上推奨
カラーモニタ1280x1024以上の解像度モニタを推奨
読み込み対応フォーマットVPRJ(Visualizer-evoプロジェクトファイル), BIN(Visualizer-kaiで調整済みのファイル)
OSWindows10, Mac OSX(10.9以降)

§カタログのダウンロード

§製品のダウンロード

Visualizer-evo ダウンロード

Visualizer-evoのアプリケーション/マニュアルをご希望の方は下記をご記入し送信ボタンをクリックしてください。 ※メールアドレスの入力ミスにお気を付け下さい。 ※お使…